正社員への転職を考えている人のための職務経歴書の書き方

通常、一つの派遣先での働く期間というのは3年以内と決められています。
ですので、派遣歴が長くなればなるほど職歴というのはどうしても多くなってきます。
そこで、いずれは正社員になろうと思った際、職務経歴書の部分が多くなってしまうということから悪い印象を持たれるのではないかと不安に思うこともあるでしょう。
ちなみに、職務経歴書には履歴書と違って今までの経歴を事細かに書かなければならないという決まりはありません。
ということから、希望する職種や関連する経歴に絞るなど、書き方にはその人なりの工夫があるのです。
では、その書き方の工夫にはどういったものがあるのでしょうか。
これまでずっと同じ職種で働いていたという仕事内容が全て同じの場合、就業先ごとの違いを記入するという書き方があります。
簡単にいいますと、働き始めた1社目から順に身につけたスキルを具体的に記入すればいいのです。
同じ職種だったとしても、勤める会社では身についたスキルも全然違ってくるはずです。
そういったことを先方に上手く伝わるような書き方が一番ではないかと思われます。

派遣での仕事内容が全て異なる

派遣で働いた職種が全て異なったとしても、上記と同様に経歴を事細かに記す必要はありません。
まず、希望する職種で働いた経験の部分を重点的に記すことで十分なアピール材料となります。
ですので、希望する職種以外での経歴に関してはほとんどといって深く記す必要はないのです。
また、会社別という書き方ではなく、職種別に書くことで相手にも上手く経歴が伝わるのではないでしょうか。
といったように、職務経歴書というのは少しの工夫で十分に上手く伝えることができます。
希望する会社というのはその人の経歴や人となりというのを重要視していますので、その会社に得となる部分を職務経歴書を使って上手くアピールをすればいいのです。

転職支援サービスを利用

派遣会社によっては「転職支援サービス」を行っているところがあります。
転職先の情報はもちろんのこと、面接や転職時期などのアドバイスなど、転職にまつわること全てをサポートしてくれるサービスが存在しているのです。
職務経歴書などの書類作成サポートでは、多数の事例から得られた実用的なアドバイスももらえるので、一人での転職活動に不安があったり自信がなかったりする場合は積極的に相談してみるのも一つの手でもあるのです。