自分に合った派遣会社の選び方

派遣会社にとりあえず登録してみた、という方はたくさんいらっしゃると思います。しかし登録会でハンコと証明写真持っていき、登録証明カードをつくって終わりという方もいると思います。それはなぜなのか、登録会で会社の雰囲気が合っていなくやる気がそがれたという事も考えられます。今回は派遣会社の選び方について考えてみたいと思います。

色々な派遣業界地図

大多数の方が登録する派遣会社がイベント設営、軽作業、工場などと資格がいらないライトな仕事を斡旋している所だと思います。これらは登録型派遣とよばれる物で一期一会的な感覚で働ける種類です。もう一つに常用型派遣と呼ばれる種類があります。こちらは技術プログラマーや介護、工場管理などの資格、専門技能を活かせる場所に長期的に派遣会社から派遣されて働けるという種類になっております。

会社の選び方

まずこの二つを自分のニーズに合わせて選ぶというところから始まります。どちらにもメリット、デメリットがあります。登録型のメリットは給料など待遇を自分で選べるということです。好きな働き方ができる、これは登録型の一番の強みです。そして単発仕事なため色々な職種の経験もできます。しかしそれに従い毎日違う人と仕事しなくてはなりません。大人数で派遣される事も多く、名前はもちろん覚えてもらえず『ハケン君、ハケンの人』と呼ばれ、ストレスを感じる事もあると思います。 常用型のメリットはやはり雇用の安定性です。ボーナスや福利厚生が整っている会社もたくさん存在いたします。また自分が持っている資格、専門性をいかせるといった事も強みです。しかし派遣社員なので他の社員に比べると給料などは悪く、その会社と派遣会社の契約が終了するとまた違う会社に派遣されるといった渡り鳥的な移動を耐えなければなりません。しかしその派遣された会社である程度の働きを認められ、正社員として契約を交わすといった直接雇用は存在します。

やはり働くということは生きるための副産物であって、働くために生きる人間はいません。かといって一切働かないのも生きていけません。 自分のニーズにあった働き方をするには派遣会社とは素晴らしい形態です。自分の人生の為に人格形成、キャリア形成、資格技能を養える派遣会社を選びましょう。そして派遣会社を選ぶ際には経営基盤、資本金がちゃんとしている会社を選び、上記の2つの種類を選び楽しく働ける事を意識しましょう。